論文のご紹介

論 説

1988年10月18日 「中小企業のための証券市場」、日経産業新聞
1989年05月22日 論壇「不況の先進地に学ぼう」、北海道新聞
1989年07月17日 論壇「「金融革命」を考える」、北海道新聞
1990年01月08日 論壇「金あまりニッポンの構造」、北海道新聞
1990年04月09日 論壇「株式市場とマネー動向」、北海道新聞
1991年09月 「店頭市場は自己規制を」、『NIKKEI VENTURE』、日経BP社
1991年12月 「21世紀に向けて挑戦する中小企業」、『商工金融』PP.52~53、商工総合研究所
1992年07月 「急ブレーキを踏む都市銀行」、『エコノミスト』PP.70~74、毎日新聞社
1992年10月 「新しい時代おける銀行の真の競争力とは」、『金融ジャーナル』P.32、金融ジャーナル社
1993年07月 「銀行の果たすべき役割とは」、『金融ジャーナル』、金融ジャーナル社
1994年01月 「所得補償、転作選択性―大胆な新政策に踏み込め」、『ニューカントリー』、北海道協同組合通信社
1994年09月 「ベンチャー企業育成の条件」、『金融ジャーナル』、金融ジャーナル社
1996年02月 「ニュービジネス育成への課題」、『金融ジャーナル』、金融ジャーナル社
1997年01月 「早期是正措置の導入に金融機関はどう対応するか」、『金融ジャーナル』、金融ジャーナル社
1997年08月 「支店経済こそ北海道経済 対本州から対世界に目覚めよ」、『月刊イズム』P.1、情報企画
1998年01月 「起業家育成へ、動き始めた大学ファンド」、『インフォーダイア』、三菱商事
1998年01月 「だれが拓銀を死なせたか?」、『道新TODAY』、北海道新聞社
1998年01月 「~あと50年をめざして~」、『きぼうの虹』、北海道大学生活協同組合
1998年03月 「会社の基本理念としての社会貢献」、『経営者』、日本経営者団体連盟
1998年04月 「分裂症のベンチャーファイナンス」、『金融ジャーナル』、金融ジャーナル社
1998年11月 「新農基法答申に寄せて」、『ニューカントリー』、北海道協同組合通信社
1999年03月 「一水会10周年記念によせて」、『一水会 創立10周年の記録』、北海道中小企業家同友会札幌支部異業種交流部会
2000年03月 「TLOの機能と役割」、『北大ニュースレター』、北海道大学国際交流委員会
2001年4月27日 論点「不況脱出担うベンチャー投資」、読売新聞
2001年09月 「ベンチャーキャピタルの旗を揚げよう―JVCA設立への提言―」、『NIF News』、NIF
2002年03月16日 「米国流「剛腕」定着に時間」、日経新聞
2002年10月27日 「弱者を守る政治の出番」、北海道新聞
2002年11月09日 「バブルの後遺症重く」、読売新聞
2002年11月19日 「ベンチャー企業への資金供給の円滑化を―個人金融資産需給の再構築へ3つの提案」、
『自由民主』、自由民主党
2002年12月 「大学発ベンチャーの問題点とJASDAQ市場の課題」、『JASDAQ Monthly Market Flash』、JASDAQ
2002年12月23日 「動きだす東西線―仙台市地下鉄整備事業」、河北新報
2003年4月28日~
5月5日号
「たくぎん破綻の意味」、『AERA』、朝日新聞出版
2003年05月 「住宅政策は社会政策と文化政策の統一」、『住宅金融月報』、住宅金融普及協会
2003年12月07日 「他の地方市場と連携を」、北海道新聞
2004年06月 「北海道経済界よ!!「拓銀」に続いて「札証」も潰してよいのか」、『クォリティ』、太陽
2004年08月 「金融機関の創造性」、『農林金融』、農林中央金庫
2004年09月 「疑問だらけの1円起業 資本あるから株式会社」、『Nikkei Business』、日経BP社
2004年10月 「1円起業は覚悟に欠ける」、『Nikkei Business』、日経BP社
2005年09月 「苫東に「もしもの街」構想 首都直下型地震被災者6万人受け入れ」、『クォリティ』、株式会社太陽
2005年7月25日 「今こそ協同組織金融機関は業態の壁を越えて連帯を」、全国信用組合新聞
2005年08月 「非合理的経済人のすすめ」、『北海道労働委員会月報』、北海道
2005年9月11日、
9月18日、9月25日
「強まる直接金融 上・中・下」、日本農業新聞
2005年11月 『平成ホリエモン考』、HUSCAPレター、北海道大学付属図書館
2006年03月 「福袋買う気持ちで採用を」、『北海道百科』北海道新聞社
2006年04月05日 「一層の貸し出し努力を」、北海道新聞
2007年10月 「日本の自信は?」、『一言』、日本生産性本部
2007年12月 「あれから10年」、『北海道労働委員会月報』、北海道
2008年01月01日 「協同組織の存在意義、行動原理は何か」、信用金庫新聞
2008年06月 「起業家の育成を怠るな」、『日経ビジネス』、日経BP社
2008年05月 「サブプライムというメインプロブレム―なぜアメリカの住宅ローンが
日本の株価に影響するのか―」、『HEERO REPORT』、北海道雇用経済研究機構
2008年08月 「「北海道イニシアチブ」で経済再生を図れ!!」、『クォリティ』、太陽
2009年01月 「金融・証券、2009年の見どころ」、『クォリティ』、太陽
2009年春号 「賢明なる投資家とは」、『ジャパニーズインベスター』、宝印刷
2009年7月 「“出来レース”に再覇権の狙い」、『日経ビジネス』PP.74~76、日経BP社
2010年03月18日 札幌国際大学学長就任インタビュー「ひと2010」、北海道新聞
2010年04月07日 「道内経済低迷の打開策は」、北海道新聞
2010年04月 「初案件は“大企業”支援 官製ファンドのお粗末」、『東洋経済』、東洋経済新聞社
2010年08月 「産学をつなぐ貴重な雑誌」、『金融ジャーナル』、金融ジャーナル社
2010年08月 「10年後のビジョンを描きプラスαの貢献を」、『クォリティ』、太陽
2010年09月 「“資本主義”の第四楽章を聴く」、『経和会会報』、東北大学経済学部
2010年12月8日 「北大の開拓精神「不滅」」、読売新聞
2010年12月22日 「進む財政再建、縮む雇用」、朝日新聞
2010年12月28日 「来年の経済を展望」、あさひかわ新聞
2011年01月07日 「ネット依存からの脱却を」、北海道新聞
2011年01月 「夢は人生の翼である!」、『共済と保険』PP.45~45、日本共済協会
2011年07月05日 「苫東「もしもの街」構想」、北海道建設新聞
2011年08月31日 「北海道の将来を考える」、建設行政新聞
2011年11月 「共済は、協同組合の精神をまっすぐに反映した事業」、『UNIV.CO-OP』、全国大学生活協同組合連合会
2012年01月 「2012北海道の論点への提言(金融)」、『クォリティ』PP.46~47、太陽
2012年01月27日 「合同連合体の形成を」、北海道新聞
2012年10月15日 「信用組合の存在意義」、全国信用組合新聞
2012年12月 「電力株は『売るに売れない状況』過重保有には公的機関が買い取りを」、『クォリティ』PP.46~47、太陽
2012年11月15日 「次の15年を見据え準備を」、北海道新聞
2012年11月14日 「道農業・JAへの提言」、日本農業新聞
2013年01月12日 「会社短し、人生長し」、北海道新聞
2013年02月08日 「大学生協共済連TOPインタビュー」、保険毎日新聞
2013年02月 「最大の財産は学生」、『インシュアランス損保版』、保険研究所
2013年05月23日 「道央成長で全道底上げ」、読売新聞
2013年09月10日 「東京五輪開催に向け提言」、北海道建設新聞
2013年11月 「成長戦略・地方の課題」、『議長会報』P.16、全国都道府県議会議長会
2013年12月 「JR北海道を国やJR東日本に渡していいのか」、『財界さっぽろ』PP.50~51、財界さっぽろ
2013年12月 「学生の就職支援」、『日本私立大学協会北海道支部50周年記念史』、日本私立大学協会
2015年12月01日 「濱田康行道都大学学長が語る」、『北のゆう』、通信文化協会
2015年04月08日 「統一地方選の焦点」、北海道新聞
2016年03月11日 「マイナス金利時代を聞く②」、北海道建設新聞
2016年03月15日 「日銀マイナス金利の影響」、中小企業家新聞
2017年09月 「都市計画審議会 意見表明」、札幌市都市計画議事録
2017年9月30日 「衆議院選挙について」、北海道新聞
2017年11月17日 「競争か 保護か 揺れた判断」、北海道新聞
2018年02月25日 「マイナス金利と北海道」、北海道新聞
2018年04月8日 「若者の流出 せき止めよう」、北海道新聞
2018年06月10日 「民泊新時代への期待」、北海道新聞
2018年9月16日 「私大経営難の時代」、北海道新聞
2018年9月 「地方創生、成功のカギは連携」、『クォリティ』2018年10月号 P50~51、太陽

contact

お問い合わせ